花月夜 ~短歌集~


    2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

    | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    白月

    tourou1.jpg


    白冷えに 今宵もひとり 冬灯 まちぬれるども 影は照らさじ



    白冷えに こよひもひとり 冬あかり 待ちぬれるども 影は照らさじ



    今夜も一人で、冷たく白い光りを射す月を 
    寒い冬の灯りとして待ちわびておりますが
    どれだけ待っても、月灯りは
    その方の影を照らすことがありません。

    スポンサーサイト



    | | 11:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    雪に思ふ

    cyouzu1.jpg


    降る雪に ひとりしのびて 音もなし 言葉にできぬ おもひ消ゆまで



    ふるゆきに ひとりしのびて おともなし ことばにできぬ おもひきゆまで



    静かで音もない、雪の降るさまを、ひとり眺めています。
    この言葉にできない私の思いが消えてゆくまで。



    | | 10:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    不安

    hatuharu1.jpg





    ぬばたまの 沖闇わたる 風花の 明石の里に たよるものなし



    ぬばたまの おきやみわたる かざはなの あかしのさとに たよるものなし




    ちらちらと暗闇の沖をわたる風花(雪)を心細く見ています。
    明石の里には、私の頼れる方はありません。





    | | 10:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    願ひこと

    tubaki_04.jpg








    あらたまに 繰りしおもひぞ 幾年か 東風待ちぬれど ゆめと散りゆく




    | | 19:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    冬の約束

    machiya4.jpg







    沫雪の わかやる軒を たずぬれど いたづらなるや たのみつれなし










    | | 19:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT | NEXT